説得せず見切りを付けるべき営業職

営業職にて成約を目指すなら、特定顧客と粘るべきという考え方があります。そもそも日本の営業職では、誰かを説得して契約に結びつけるべきという考え方が、根強くあるのです。

確かに、それも1つの方法ではあります。現に私も、ある時期まではその方々が有効だと教わっていました。

ところがある時から、考え方が大きく変わったのです。確かに説得をすれば、成約に結び付く事も稀にあります。

しかし、やはりそれも相手次第なのです。全く興味がない相手に対して説得を試みても、上手く行かないケースの方が圧倒的に多い事に気が付きました。

それである時から、私は説得をする事を一切止めたのです。すると、急に営業成績が伸びてきたのです。

説得をしないスタイルにすると、次から次へと新しい顧客に接していく事になるでしょう。ですから、かえってその方が効率が良い事もあるのです。

説得をするだけが、営業セールスではありません。やはり見切りを付ける事も、営業職では大切だと考えています。